フィナンシェの美味しい焼き菓子屋さん
手づくりの『やさしいおやつ』を、長野からお届けします。

手作りお菓子の通販「焼き菓子のうさぎ堂」の紹介

私たちは、安心・安全を求められている時代だからこそお母さんが子どもに作るおやつのように、一つ一つに愛情を込めた手作りのお菓子作りをしております。
そして私たちが目指しているのは、食べるとどこか懐かしい気持ちと心が温かくなるお菓子です。

元保育士のパティシエールと、地元をこよなく愛する店長が愛情込めてひとつひとつ手作り


家族団らんの時間を過ごすときや、ホームパーティを開くときのおやつを選ぶときに、ふと「ちいさな頃にお母さんが作ってくれた手作りケーキが懐かしいな」と考えることはありませんか?

うさぎ堂のお菓子作りの原点は、小さな頃お母さんから作ってもらったパウンドケーキです。
そう「お母さんが子ども達のために作ってあげるおやつ」だからこそ、うさぎ堂は、手間ひまを惜しまずにお菓子作りをします。

そんな、うさぎ堂の姿勢は「お菓子の作り置きをしない。」「フルーツケーキに入れるフルーツは 、1ヶ月以上ラム酒につけ込んで、しっかり風味をつけてから使用する。」などの部分にあらわれています。

子ども達が美味しそうにお菓子を食べている写真


お客様に安心・安全なお菓子を食べていただきたいので、素材については 極力国産・無農薬のものを選んで使用しています

「安心して子どもに食べさせられる美味しいお菓子ってないかしら?」
効率が重視されている世の中だけど、たまに疑問がわくときってありますよね。

たとえば、食品の裏に貼ってある【原材料表示】に書いてある、見たことも聞いたこともないような素材。
これっていったいなんだろう?なんのために入っているのだろう?って不思議になったことはありませんか?うさぎ堂もそうでした。

そんな不思議なものが氾濫している時代だからこそ、うさぎ堂は、「安全・安心な素材を使って美味しいお菓子を作る」ことにこだわり続けて、素材を探しまわりました。

ミツバチの巣から蜜を取り出しやすくするため、蜜蝋を取り除いている様子。その際、素材のことを調べれば調べるほど、いろいろなことを知りました。 「あまりにも鮮やかなオレンジ色をしている卵の黄身の不思議」「純粋と書いてあるものと書いていない蜂蜜の違い」「同じ分量のバターを使ってお菓子を焼いているのに見た目がまったく異なるお菓子が出来上がる不思議」などなど。 (左の写真は、鈴木養蜂場さんの採蜜作業の様子です。)
そしてたどり着いたこたえはとてもシンプル。 「余計なものを入れなくても美味しいお菓子を作ることが出来る。」という当たり前のことでした。 そんないろいろな事情を知って、実際に試してみたからこそ、うさぎ堂はとてもすばらしい素材を集めることが出来ました。 これらは、うさぎ堂が使用している素材のほんの一例です。 ・長野県小布施町「くりのみ園」の放し飼い有精卵:季節の野草を食べて育っているから、黄身はタンポポの花のような自然な色をしていて、白身はぷりぷりとしています。 ・長野県産小麦粉「しゅんよう」と「夢あさひ」:「長野県産小麦粉は全体量が少ないため新規のお店には売れません」と製粉会社の方に言われましたが、どうしても安心できる地元の食材を使ったお菓子を作りたい。それには、長野県産の小麦粉が不可欠であることを何度も伝えて、ようやく売ってもらえることになり使用しています。 ・無農薬ドライフルーツ:最初は「無農薬だから」という単純な理由で試した素材でしたが、実際に味見をしてみると、甘みが非常に凝縮したとてもよい素材なので、今ではうさぎ堂の味を作る重要な一員です。 など、たくさんのこだわりある素材を作ってお菓子を作っています。

「長野の素材にこだわる焼き菓子店」

地元長野をこよなく愛すうさぎ堂は、「多くの人に長野を知って、長野の素晴らさを知ってもらいたい。」という想いが強いので、地元の素材を使った「うさぎ堂」にしかできないお菓子をたくさん作りたいと願っています。

鈴木養蜂場の店舗外観
そしてカタチになったものの一つに「みつばちと共に90年」のキャッチフレーズでおなじみの、長野県須坂市にある老舗【鈴木養蜂場】様が販売するはちみつをふんだんに使ったフィナンシェを作ることができました。
(写真は鈴木養蜂場さんの店舗です。)
寿ゞき園茶店の店舗外観 また、一度食べたらクセになる人が多いと話題の『抹茶ソフトクリーム』を製造している創業96年の老舗茶問屋【寿ゞき園茶店】様とは、同店の濃厚な抹茶をたっぷり使った『お抹茶フィナンシェ』を共同開発しました。
(写真は寿ゞき園茶店さんの店舗です)
私たちは、この他にも地元信州の生み出す、すばらしい素材を使った美味しいお菓子の試作をたくさんすすめています。この他の商品を、近いうちに皆様にお見せする日が来るのを待ち遠しく思っています。

うさぎ堂がたくさんのメディアに紹介されています


【日経流通新聞】【信濃毎日新聞】の商品欄にて当店の「フィナンシェ」を記事にしていただきました。

【長野市民新聞】に「長野の素材こだわる」と記事にしていただきました。

【週刊アスキー】に当店を取り上げていただきました。

【FM長野】【FMぜんこうじ】の番組において、当店のはちみつをたっぷり使った「フィナンシェ」を取り上げていただきました。